子供 便秘 オリゴ糖

MENU

オリゴ糖はビフィズス菌の大好物だから便秘に効く

子供の便秘が続くと親にとっても、つらく苦しい毎日ですね。

 

オリゴ糖

何とか子供を楽にしてあげるためにと、いろいろと試してきたお母さんたちの間で話題になっているのがオリゴ糖の効果です。「オリゴ糖」という言葉は、一度はお聞きになられたことがあるかもしれません。甘さが控えめな糖分というイメージで何となくとらえている方も多いのではないでしょうか?

 

しかし、実はオリゴ糖は腸内環境を整える高い効果で知られる健康食品でもあるのです。そして、腸内環境を整えてくれるということが、子供の便秘改善の大きなカギとなります。そのしくみについて少しご説明したいと思います。

 

子供の便秘と腸内環境

わたしたち人間の腸内には100兆個のもの細菌が棲息しているといわれています。これらは腸内細菌と呼ばれますが、この腸内細菌がわたしたちの体の健康に大きく影響を与えていることが最近の研究によって分かってきました。

 

腸内細菌

腸内細菌は大きく三つのグループに分けることができ、健康によい働きをする善玉菌、健康に有害な悪玉菌、状況によって善玉菌か悪玉菌のどちらかにつく日和見菌というものがいます。

 

この細菌の三つのグループのバランスのことを腸内環境と呼んでいるのですが、腸内環境は子供が出産したときから、その子独自のものがつくられていきます。

 

子供の腸内環境の構成に一番大きな影響を与えているのは、出産時のお母さんの腸内環境とも言われていますが、それ以外にもその後の生活環境や栄養方法により、子供の腸内環境は大きく変化していくのです。

 

そして、子供が便秘になっているときは、多くの場合に腸内の善玉菌も勢力が衰えています。腸にたまった便が腐敗発酵して悪玉菌を増殖させるもととなるからです。

 

こうして腸内で悪玉菌が増えれば増えるほど善玉菌の勢力は弱まるので、ますます便秘は悪化しやすくなります。なぜなら善玉菌の出す酸が腸の働きを活発にして、うんちをスムーズに送り出すためのカギだからです。

 

この弱った善玉菌を活発にして、元気な腸を取り戻す働きをしてくれるのがオリゴ糖なのです。

 

オリゴ糖は善玉菌の大好物

オリゴ糖は砂糖とは違い、胃や小腸では消化吸収されずに大腸に届きます。そして、大腸に棲むビフィズス菌をはじめとする善玉菌のエサとなるのです。

 

オリゴ糖はビフィズス菌の大好物であり、オリゴ糖を食べたビフィズス菌は元気になって、たくさんの酸を生成します。酸によって刺激を受けた腸は活発に運動をし始めて、うんちを早く外に出そうと働いてくれるのです。

 

また増えた酸を希釈しようとして、腸管内に水分が呼び込まれますから、うんちもやわらかくなって一層出やすくなります。

 

シーソーに乗る子供

さらに善玉菌の生成した酸によって善玉菌の増えやすい環境ができあがりますから、善玉菌はますます活発になり、腸内環境が理想的な状態へと近づいていくことになります。

 

腸内環境が整っていれば、子供は便秘をしにくくなるばかりか、免疫力もアップし、病気にかかりにくくなり、元気で丈夫な子へと育っていくことになるのです。

 

天然の健康食品であるオリゴ糖ですから、成長期の子供さんに安心して与えることができる点もイチオシできる理由です。

 

特に子供さんが何度も便秘を繰り返しているようなときには、このオリゴ糖習慣をぜひ試してみてください。

子供が便秘のときにオリゴ糖を飲ませるにはいくつかの方法があります。

 

まだ離乳食が始まる前の赤ちゃんでしたら、ミルクや白湯に混ぜるという方法が最適です。

 

また離乳食期以降は、食事に混ぜたり、飲み物に混ぜたり、そのまま食べたりと子供が飲みやすい方法で与えることができます。

 

しかし、便秘がちのときの特におすすめの飲み方としては、ヨーグルトに混ぜて飲むのが一番です。

 

オリゴ糖は乳酸菌を活性化させて増殖させる作用がありますから、乳酸菌の含まれるヨーグルトとはとても相性がよいのです。妊娠中のオリゴ糖おすすめは?

 

市販のヨーグルトで「プレバイオティクス」と記載されたものがあるのをご存知かもしれません。

 

これは、そのヨーグルトに含まれる乳酸菌が生きたまま腸に届く機能のあることを示したものです。

 

しかし、実際には外から取り入れた新しい乳酸菌は腸内で定着しにくいらしく、また量もかなり多く摂らないと効果を見込めないということもあるようです。

 

そのようなヨーグルトもオリゴ糖と組み合わせることで、含まれる乳酸菌の力を何倍にも高めることができるというわけです。

 

ちなみにオリゴ糖のように、乳酸菌そのものではないものの乳酸菌のパワーを高める機能をもったものを取り入れる方法はプレバイオティクスと呼ばれています。

 


赤ちゃんから小学生まで便秘の子に飲ませたいオリゴ糖はこちら

赤ちゃんから小学生の便秘まで今もっとも注目を集めている便秘解消食品がカイテキオリゴです。

 

カイテキオリゴはオリゴ糖の健康食品で、株式会社北の達人コーポレーションによって開発されネットのみで販売されています。

公式サイト

 

 

日本一売れているオリゴ糖であり、なんと2分に1個売れているそうですから驚きです。

 

カイテキオリゴが子供の便秘に悩む親御さんなどに人気のある理由として以下のようなポイントが考えられます。

 

副作用がなく安心

カイテキオリゴは、国内産の植物であるサトウダイコンから抽出されたオリゴ糖を主に使用しており、その他にも牛乳や樹木など全て天然素材の原料のみが使用されていますから、副作用の心配な薬剤とは異なり、赤ちゃんでも安心して続けることができます。

 

子供も喜ぶので続けやすい

オリゴ糖はほんのりと甘いのが特徴です。そのまま舐めてもおいしくいただけますし、飲み物や料理に混ぜても風味を損ないません。おいしいので子供も喜んで飲んでくれて続けやすいのです。

 

心強いサポート

カイテキオリゴについては、購入者のためのカスタマーサポート部隊が設置されており、健康管理士の資格を持つ専任アドバイザーがお子様の体調に合わせた飲み方の注意点や便秘改善に役立つアドバイスをしてくれます。土日祝日以外は専用ダイヤルから相談することが可能です。

 

理論に裏づけされた効果

カイテキオリゴは、プレバイオティクスの最新理論であるEOS理論に基づいて研究開発された食品です。様々な種類の存在するビフィズス菌をもっとも効率的に活性化させるために最適なオリゴ糖の組み合わせを導きだしたのがEOS理論です。しっかりとした理論に基づいて開発された商品だからこそ、医師や農学博士も推薦しており、また医学研究所の品質推奨品として認定されています。

 

 

カイテキオリゴの詳細は以下のリンクをクリックしてご確認下さい。

↓ ↓ ↓

オリゴ糖は少糖類ともいわれる糖類の一種で、砂糖や麦芽糖などの仲間です。一口にオリゴ糖と言っても様々な種類があり、その多くは天然の動植物の中に含まれているものです。

 

オリゴ糖の発見されるきっかけは1899年にパスツール研究所のティシエが、母乳で育った赤ちゃんのうんちからビフィズス菌を分離することに成功したことです。このときから腸内細菌に関する研究が進んで、母乳に含まれるビフィズス菌を増殖させる成分がオリゴ糖だとわかったのです。

 

それ以来、オリゴ糖に関する研究は進んでいき、様々なオリゴ糖が発見されていきました。またオリゴ糖の効果についても、ビフィズス菌など腸内細菌の善玉菌を増やす効果があることが確認され、医療に活用されたり、健康食品として流通されるようになりました。

 

オリゴ糖が子供の便秘解消に役立つ理由は、同じ糖類でも単糖類と呼ばれるブドウ糖や果糖と違って消化されにくく、大腸まで届いて善玉菌のエサとなるからです。

 

その結果、善玉菌が活発になって増殖し、腸内環境を整えるので腸の働きもよくなってスムーズな排便へとつながります。

 

オリゴ糖を選ぶ際の2つの大事なポイント

 

ところでオリゴ糖の種類のいくつかをあげると、牛乳や母乳に含まれる乳糖、味噌や醤油に含まれるイソマルトオリゴ糖、ごぼうやバナナに含まれるフラクトオリゴ糖などいろいろとあります。

 

子供の便秘解消への効果を考えた場合に、いったいどのオリゴ糖を選べばよいのでしょうか?

 

オリゴ糖を選ぶ際の2つのポイントがあります。それはオリゴ糖の種類数と純度です。

 

善玉菌の代表格であるビフィズス菌は現在分かっているだけでも10種類上も存在しており、それぞれの種類によって好みのオリゴ糖があることが分かっています。ですから、いろんなビフィズス菌を元気にしてあげるためには、オリゴ糖の種類も一つではなく、いくつも混ぜられているほうが解消効果が高いといえるのです。

 

さらに純度という点も大切です。もちろん純度が高いほうが便秘解消を期待できますが、単体で純度を高めるのは安価では難しいため市販のオリゴ糖の多くはシロップなど液体で流通しています。

 

その中でも一部は純度の高い粉末で流通しているものもあります。

 

ですから、単なる甘味料としてではなく、子供の便秘解消の目的であれば、純度の高いものを探したほうが良いようです。

 

純度ほぼ100%で6種類のオリゴ糖を最適な割合でブレンドしたオリゴ糖が以下のカイテキオリゴです。

カイテキオリゴ公式サイト

 

 

赤ちゃんから小学生まで安心して飲めますし、例えば青汁を飲むときのような飲みにくさが全くなく、ジュースやヨーグルトに入れて美味しく続けられるのがうれしいポイントです。

 

子供の便秘をやさしく自然に解消してくれるオリゴ糖ですが、大体の目安としてどれくらいの量を与えたらよいのでしょうか?

 

純度の高くて効果の高いオリゴ糖食品であるカイテキオリゴの場合には、成人の場合は1日5gを目安とし、子供の場合はそれよりやや少な目の1日2g〜3gを目安として始めてみるように進められています。

 

また赤ちゃんの場合は、1g程度から始めるのが良いようです。

 

カイテキオリゴについては、粉末ですし、専用の軽量スプーンがついていますので量が計りやすいことと思います。

 

子供の場合は最初に少なめで与えてみて、様子をみながら徐々に増やしていくという方法が進められています。

 

副作用などは心配ありませんが、1度にたくさん与えた場合にお腹がゴロゴロしたりすることがあるようです。

 

またオリゴ糖を飲み続けた場合に、停滞期というものが起きることもあるようです。

 

これは、飲み続けることで悪玉菌が抵抗して強くなり、腸内環境を元の状態に戻そうと働きかける時期のことです。

 

このような停滞期には、一時的にオリゴ糖の効果を実感しにくくなるということがあるようです。

 

この時期でも飲み続けることで腸内環境は整っていきますが、量については少し変化を与えてみることが良いようです。

 

いつもの2倍に増やしてみたり、逆に減らしてみたりと変化をつけることで悪玉菌にショックを与えるのです。

 

このような量の変化のつけ方については、カイテキオリゴの相談ダイヤルで無料で尋ねることができますので活用するとよいでしょう。

 

赤ちゃんから小学生まで便秘の子に飲ませたいオリゴ糖はこちら

子供が便秘で苦しんでいるのを見るのは、とても辛いですよね。

 

特に長い間便が出ないときなどは、心配で仕方がありません。そういう時は、病院に行って医師にみてもらうのが一番です。

 

しかし、子供の便秘には、いろんな原因があるのです。

 

子供の便秘には、コロコロの硬い便が出るものと、長期間便が出ず、排便時は軟便のものがあります。

 

長期間便が出ないと、どうしても心配になりますが、これは高齢者にも多いもので、一週間ぐらいなら大丈夫なときもあります。

 

何週間も続いたり、嘔吐などの症状があった場合は、すぐに病院へ行って下さい。

 

腸閉塞などの病気の可能性もあります。

 

また、便が硬い時は、水分不足や食物繊維の不足があります。

 

子供は代謝が活発で、汗をよくかくので、水分が奪われがちです。水分が不足するので、便が硬くなってしまうのです。

 

他にも、最近の子供は、偏った食事が多く、ファーストフードやインスタント食品を摂取したりするので、どうしても食物繊維が不足してしまいます。

 

食物繊維が不足すると、腸が働かなくなり、便秘になってしまうのです。

 

対処法としては、野菜や果物などの食物繊維やビタミンを取らせる、ヨーグルトや牛乳などの腸に良いものを飲ませる、水分不足にならないように気をつける、適度に運動させて、腸を働かせるなどがあります。

 

それでも便が出ない場合は、医師に相談の上、薬を処方してもらいましょう。

 

酸化マグネシウムは妊婦や高齢者も使用しており、身体にも優しく、副作用もほとんどありません。

 

長期間の服薬が必要ですが、便秘は改善されます。

 

子供の便秘には、精神的なストレスなども関係しています。

 

出来るだけ、傍にいて、様子をみるようにしましょう。

 

赤ちゃんから小学生まで便秘の子に飲ませたいオリゴ糖はこちら

便秘茶と呼ばれる便秘の改善に役立つお茶がありますが、子供が飲んでも大丈夫なものとそうでないものがありますから、よく選ぶことが必要です。

 

便秘茶の中には、大腸を刺激するタイプのものがあります。これらにはセンナやキャンドルブッシュなど下剤に使われる成分と同じものが配合されており、子どもには刺激が強すぎるようです。ひどい下痢になったり、腹痛を起こさせることが考えられます。

 

これらの便秘茶に関しては国民生活センターのレポートでも、子どもは使用を控えるようにと勧められています。資料はこちら

 

一方で、お茶の中には腸を刺激する成分は含んでおらず、食物繊維がたっぷり含まれていることで便秘改善に役立つものがあります。

 

このようなお茶であれば、安心して与えることができます。

 

またお茶嫌いの子どもの場合は、好きな飲み物にオリゴ糖を混ぜてあげるのがオススメです。

 

純度の高いオリゴ糖であれば、ほんのりと甘いのでジュースやココアなどどんな飲み物でも合います。

 

それでいて、お腹のビフィズス菌を元気にしてくれますから、腸の働きを高めて便秘を改善するのにとても効果的です。

 

赤ちゃんから小学生まで便秘の子に飲ませたいオリゴ糖はこちら

 

子供が便秘のときの心強い味方がミルミルとオリゴ糖です。

 

ミルミルはヤクルトから発売されている乳酸菌飲料です。
子供も飲みやすいミルク風味のヨーグルトで、生きて腸まで届くビフィズス菌BY株を一本につき何と100億個以上も含んでいます。

 

ご存知のようにビフィズス菌はお腹の調子を整えるのに最適の善玉菌です。

 

ビフィズス菌が腸内で産生する乳酸や酢酸によって、腸が刺激を受けてぜん動運動を活発に行なうようになります。つまり、便が出口へと送り出されやすくなるわけです。

 

また、乳酸が増えると腸管に水分が呼び込まれます。このことで便がやわらかくなって出やすくなるというわけです。

 

さらに、ビフィズス菌が増えると、それだけ悪玉菌という健康に良くない細菌類が増えにくくなりますから、健康全体にメリットが及びます。

 

このようにミルミルのビフィズス菌は子供の便秘改善と健康にいいことだらけのわけですが、もう一つ加えたいのはオリゴ糖です。

 

オリゴ糖はビフィズス菌の大好物のエサなのです。つまり、ミルミルのビフィズス菌をオリゴ糖と一緒に体内に入れることは、エサつきで腸内に住まわせるようなものです。

 

効果がアップすることは容易に予想できますね。

 

純度の高いオリゴ糖はほんのりと甘く、量も少しでよいのでミルミルに混ぜても甘すぎません。子供が混ぜるのを好まない場合は、他のドリンクやミルク、食事に混ぜてもOKです。

 

ミルミルとオリゴ糖のWパワーで便秘スッキリ!からだ元気!といきましょう。

 

赤ちゃんから小学生まで便秘の子に飲ませたいオリゴ糖はこちら

 

便秘の多い子どもは口臭もきつくなる傾向があります。

 

これは、腸内にたまった内容物が悪玉菌の働きで腐敗発酵し、アンモニアやインドール、スカトールなどの有害ガスを発生するためです。

 

このようなガスは腸壁を通して、血液中に浸透し、全身にまわります。そして、それらが汗や呼気として体外へ排出されることになります。

 

ですから、口臭もきつくなりますし、体臭もします。さらにはおならも臭くなるのが特徴です。

 

このようなきつい口臭は周りからも嫌がられるという点がありますが、何より子供自身の健康にとって良くないので早めに改善してあげましょう。

 

便のニオイに近い口臭が出ているということは、血液が汚れているということであり、肌荒れや免疫力の低下、血行不良など健康ダメージを受けていることが考えられます。

 

腸は昔から健康の要(かなめ)と言われています。

 

腸がきちんと機能していれば、体内の毒素や老廃物がきちんと排出され、栄養も吸収されやすくなりますから、体内での良い循環が生まれます。

 

一方で、腸の働きが悪いと便秘になり、体内の毒素や老廃物は排出されずに体中にめぐって悪さをするというわけです。

 

子供の口臭は健康ダメージのサインと考えて早めに対処してあげましょう。

 

尚、口臭の原因は便秘以外にも虫歯や胃の健康障害など様々です。思い当たる部分ついては、できるところから取り組んでいきましょう。

 

赤ちゃんから小学生まで便秘の子に飲ませたいオリゴ糖はこちら

 

 

子供の場合は、便秘だと思ってもそれほど心配ない場合もあり、よく症状を観察することが大切です。

 

例えば、3日出ないと便秘ではないかと考える親御さんもおられるかもしれません。

 

しかし、子ども自身が元気があって食欲も変わらないなら、そして出すときにスッキリできているようなら特に心配するようなものではありません。

 

まだ腸が十分に発達していない乳児の場合は、排便の頻度も不安定ですし、環境の変化によるストレスなどで一時的に排便が無くなる事もあります。

 

これらは自然と通常の排便リズムに戻ることが多いですし、またそれがその子にとってのちょうど良い排便リズムになっていることもあります。

 

一方で心配な便秘の症状としては、以下のような点があげられます。

  • 食欲がない
  • 機嫌が悪い
  • お腹が張っている
  • 腹痛を訴える
  • 排便時に痛がり泣く
  • 硬いウンチが少量出る

このような症状が見られるときは、早めの便秘対策が必要です。

 

もしウンチが詰まっていて本当に苦しそうにしているなら、病院に行って浣腸で出してもらう必要があります。

 

そこまでひどくないようでしたら、お腹のマッサージや体操ツボの刺激なども試してみると良いかもしれません。

 

たまっていた便が出たら、便秘を繰り返さないために腸内環境を良好にすることがポイントです。

 

子どもでも使える便秘薬はありますが、薬だけに頼らずに子供に向いているオリゴ糖で腸を元気にしてあげましょう。

 

 

赤ちゃんから小学生まで便秘の子に飲ませたいオリゴ糖はこちら

子供の便秘を放置しておくと、痔の原因となることがあります。

 

便秘のときは、ウンチも水分が抜けて硬くなっています。そのために排便時に肛門周囲を傷つけたり、切れてしまうということが起きます。

 

このような切れ痔(肛門裂傷)ができると、排便時に鋭い痛みがするので、子どもは排便を怖がってしまい、便意はあるのに我慢してしまうということが起きてしまいます。

 

そうすると、ますます便秘が悪化して、痔もひどくなるという悪循環になることもあります。

 

乳幼児が排便時に激しく泣くようなときは、痔になっている可能性が高いのでお尻をチェックしてあげましょう。

 

切れ痔だけではなく、見張りイボといってイボ痔のようなものができている場合もあります。これは大人のいぼ痔とは異なり、切れた部分が悪化して盛り上がりイボのようになっているものです。

 

ですから、見張りイボは切れ痔が悪化した状態いえるでしょう。早急に対策が必要です。

 

子どもの痔は正しく処置すれば数日で治ることが多いですが、便秘を繰り返すような場合は悪化したり治りが悪いかもしれません。

 

少しでも治りを早くするためにも排便のたびにウエットティッシュで丁寧に拭いたり、ぬるま湯で洗ってあげるとよいようです。

 

また傷口に軟膏を塗ってあげると痛みもやわらぎます。

 

何よりも便秘を早めに改善してあげることが必要です。

 

子どもでも安心して飲めるオリゴ糖なら、腸内にビフィズスを増やすことで、腸の働きを良好にし、便をやわらかくしますから理想の排便環境が整います。

 

赤ちゃんから小学生まで便秘の子に飲ませたいオリゴ糖はこちら