子供 便秘 痔

MENU

子どもの便秘による痔を解消する方法

子供の便秘を放置しておくと、痔の原因となることがあります。

 

便秘のときは、ウンチも水分が抜けて硬くなっています。そのために排便時に肛門周囲を傷つけたり、切れてしまうということが起きます。

 

このような切れ痔(肛門裂傷)ができると、排便時に鋭い痛みがするので、子どもは排便を怖がってしまい、便意はあるのに我慢してしまうということが起きてしまいます。

 

そうすると、ますます便秘が悪化して、痔もひどくなるという悪循環になることもあります。

 

乳幼児が排便時に激しく泣くようなときは、痔になっている可能性が高いのでお尻をチェックしてあげましょう。

 

切れ痔だけではなく、見張りイボといってイボ痔のようなものができている場合もあります。これは大人のいぼ痔とは異なり、切れた部分が悪化して盛り上がりイボのようになっているものです。

 

ですから、見張りイボは切れ痔が悪化した状態いえるでしょう。早急に対策が必要です。

 

子どもの痔は正しく処置すれば数日で治ることが多いですが、便秘を繰り返すような場合は悪化したり治りが悪いかもしれません。

 

少しでも治りを早くするためにも排便のたびにウエットティッシュで丁寧に拭いたり、ぬるま湯で洗ってあげるとよいようです。

 

また傷口に軟膏を塗ってあげると痛みもやわらぎます。

 

何よりも便秘を早めに改善してあげることが必要です。

 

子どもでも安心して飲めるオリゴ糖なら、腸内にビフィズスを増やすことで、腸の働きを良好にし、便をやわらかくしますから理想の排便環境が整います。

 

赤ちゃんから小学生まで便秘の子に飲ませたいオリゴ糖はこちら