子供 便秘 薬

MENU

子供用の便秘薬は副作用は少ない

子供が便秘で苦しんでいるのを見るのは、とても辛いですよね。

 

特に長い間便が出ないときなどは、心配で仕方がありません。そういう時は、病院に行って医師にみてもらうのが一番です。

 

しかし、子供の便秘には、いろんな原因があるのです。

 

子供の便秘には、コロコロの硬い便が出るものと、長期間便が出ず、排便時は軟便のものがあります。

 

長期間便が出ないと、どうしても心配になりますが、これは高齢者にも多いもので、一週間ぐらいなら大丈夫なときもあります。

 

何週間も続いたり、嘔吐などの症状があった場合は、すぐに病院へ行って下さい。

 

腸閉塞などの病気の可能性もあります。

 

また、便が硬い時は、水分不足や食物繊維の不足があります。

 

子供は代謝が活発で、汗をよくかくので、水分が奪われがちです。水分が不足するので、便が硬くなってしまうのです。

 

他にも、最近の子供は、偏った食事が多く、ファーストフードやインスタント食品を摂取したりするので、どうしても食物繊維が不足してしまいます。

 

食物繊維が不足すると、腸が働かなくなり、便秘になってしまうのです。

 

対処法としては、野菜や果物などの食物繊維やビタミンを取らせる、ヨーグルトや牛乳などの腸に良いものを飲ませる、水分不足にならないように気をつける、適度に運動させて、腸を働かせるなどがあります。

 

それでも便が出ない場合は、医師に相談の上、薬を処方してもらいましょう。

 

酸化マグネシウムは妊婦や高齢者も使用しており、身体にも優しく、副作用もほとんどありません。

 

長期間の服薬が必要ですが、便秘は改善されます。

 

子供の便秘には、精神的なストレスなども関係しています。

 

出来るだけ、傍にいて、様子をみるようにしましょう。

 

赤ちゃんから小学生まで便秘の子に飲ませたいオリゴ糖はこちら