子供 便秘 ミルミル

MENU

ミルミルが子供の便秘にいい理由

子供が便秘のときの心強い味方がミルミルとオリゴ糖です。

 

ミルミルはヤクルトから発売されている乳酸菌飲料です。
子供も飲みやすいミルク風味のヨーグルトで、生きて腸まで届くビフィズス菌BY株を一本につき何と100億個以上も含んでいます。

 

ご存知のようにビフィズス菌はお腹の調子を整えるのに最適の善玉菌です。

 

ビフィズス菌が腸内で産生する乳酸や酢酸によって、腸が刺激を受けてぜん動運動を活発に行なうようになります。つまり、便が出口へと送り出されやすくなるわけです。

 

また、乳酸が増えると腸管に水分が呼び込まれます。このことで便がやわらかくなって出やすくなるというわけです。

 

さらに、ビフィズス菌が増えると、それだけ悪玉菌という健康に良くない細菌類が増えにくくなりますから、健康全体にメリットが及びます。

 

このようにミルミルのビフィズス菌は子供の便秘改善と健康にいいことだらけのわけですが、もう一つ加えたいのはオリゴ糖です。

 

オリゴ糖はビフィズス菌の大好物のエサなのです。つまり、ミルミルのビフィズス菌をオリゴ糖と一緒に体内に入れることは、エサつきで腸内に住まわせるようなものです。

 

効果がアップすることは容易に予想できますね。

 

純度の高いオリゴ糖はほんのりと甘く、量も少しでよいのでミルミルに混ぜても甘すぎません。子供が混ぜるのを好まない場合は、他のドリンクやミルク、食事に混ぜてもOKです。

 

ミルミルとオリゴ糖のWパワーで便秘スッキリ!からだ元気!といきましょう。

 

赤ちゃんから小学生まで便秘の子に飲ませたいオリゴ糖はこちら