子供 便秘 解消 オリゴ糖

MENU

便秘解消目的なら純度の高いオリゴ糖を選ぶこと

オリゴ糖は少糖類ともいわれる糖類の一種で、砂糖や麦芽糖などの仲間です。一口にオリゴ糖と言っても様々な種類があり、その多くは天然の動植物の中に含まれているものです。

 

オリゴ糖の発見されるきっかけは1899年にパスツール研究所のティシエが、母乳で育った赤ちゃんのうんちからビフィズス菌を分離することに成功したことです。このときから腸内細菌に関する研究が進んで、母乳に含まれるビフィズス菌を増殖させる成分がオリゴ糖だとわかったのです。

 

それ以来、オリゴ糖に関する研究は進んでいき、様々なオリゴ糖が発見されていきました。またオリゴ糖の効果についても、ビフィズス菌など腸内細菌の善玉菌を増やす効果があることが確認され、医療に活用されたり、健康食品として流通されるようになりました。

 

オリゴ糖が子供の便秘解消に役立つ理由は、同じ糖類でも単糖類と呼ばれるブドウ糖や果糖と違って消化されにくく、大腸まで届いて善玉菌のエサとなるからです。

 

その結果、善玉菌が活発になって増殖し、腸内環境を整えるので腸の働きもよくなってスムーズな排便へとつながります。

 

オリゴ糖を選ぶ際の2つの大事なポイント

 

ところでオリゴ糖の種類のいくつかをあげると、牛乳や母乳に含まれる乳糖、味噌や醤油に含まれるイソマルトオリゴ糖、ごぼうやバナナに含まれるフラクトオリゴ糖などいろいろとあります。

 

子供の便秘解消への効果を考えた場合に、いったいどのオリゴ糖を選べばよいのでしょうか?

 

オリゴ糖を選ぶ際の2つのポイントがあります。それはオリゴ糖の種類数と純度です。

 

善玉菌の代表格であるビフィズス菌は現在分かっているだけでも10種類上も存在しており、それぞれの種類によって好みのオリゴ糖があることが分かっています。ですから、いろんなビフィズス菌を元気にしてあげるためには、オリゴ糖の種類も一つではなく、いくつも混ぜられているほうが解消効果が高いといえるのです。

 

さらに純度という点も大切です。もちろん純度が高いほうが便秘解消を期待できますが、単体で純度を高めるのは安価では難しいため市販のオリゴ糖の多くはシロップなど液体で流通しています。

 

その中でも一部は純度の高い粉末で流通しているものもあります。

 

ですから、単なる甘味料としてではなく、子供の便秘解消の目的であれば、純度の高いものを探したほうが良いようです。

 

純度ほぼ100%で6種類のオリゴ糖を最適な割合でブレンドしたオリゴ糖が以下のカイテキオリゴです。

カイテキオリゴ公式サイト

 

 

赤ちゃんから小学生まで安心して飲めますし、例えば青汁を飲むときのような飲みにくさが全くなく、ジュースやヨーグルトに入れて美味しく続けられるのがうれしいポイントです。