子供 便秘 オリゴ糖 量

MENU

子供にオリゴ糖を飲ませる時はやや少なめの量から

子供の便秘をやさしく自然に解消してくれるオリゴ糖ですが、大体の目安としてどれくらいの量を与えたらよいのでしょうか?

 

純度の高くて効果の高いオリゴ糖食品であるカイテキオリゴの場合には、成人の場合は1日5gを目安とし、子供の場合はそれよりやや少な目の1日2g〜3gを目安として始めてみるように進められています。

 

また赤ちゃんの場合は、1g程度から始めるのが良いようです。

 

カイテキオリゴについては、粉末ですし、専用の軽量スプーンがついていますので量が計りやすいことと思います。

 

子供の場合は最初に少なめで与えてみて、様子をみながら徐々に増やしていくという方法が進められています。

 

副作用などは心配ありませんが、1度にたくさん与えた場合にお腹がゴロゴロしたりすることがあるようです。

 

またオリゴ糖を飲み続けた場合に、停滞期というものが起きることもあるようです。

 

これは、飲み続けることで悪玉菌が抵抗して強くなり、腸内環境を元の状態に戻そうと働きかける時期のことです。

 

このような停滞期には、一時的にオリゴ糖の効果を実感しにくくなるということがあるようです。

 

この時期でも飲み続けることで腸内環境は整っていきますが、量については少し変化を与えてみることが良いようです。

 

いつもの2倍に増やしてみたり、逆に減らしてみたりと変化をつけることで悪玉菌にショックを与えるのです。

 

このような量の変化のつけ方については、カイテキオリゴの相談ダイヤルで無料で尋ねることができますので活用するとよいでしょう。

 

赤ちゃんから小学生まで便秘の子に飲ませたいオリゴ糖はこちら