子供 便秘 ツボ

MENU

便秘に効くツボは存在する

子供だって便秘になります。大人なら食物繊維の摂取を心がけたり、水分を多くとったり、マッサージしたりなど、様々な対処法がありますが、子供はそうもいきません。

 

そこで、子供が便秘になったら大人があれこれ工夫して解消してあげることとなります。ヨーグルトを食べさせたり、砂糖の代わりにオリゴ糖を使ったりなど色々な方法がありますが、ツボを刺激してみるという手もあります。

 

東洋医学では身体をめぐる無形のエネルギーを気として、その気の流れる道を経絡と呼びます。

 

この経絡という道にあるいわば主要な駅がツボなのです。

 

気が集まりやすく、悪いものや、気が停滞する場所でもあるので、治療のポイントとなるのです。

 

実は、便秘に効くツボも存在するのです。

 

まず合谷です。親指と人差し指の付け根の部分です。ここを指や先の丸い棒のようなものでグリグリと少し痛いくらいに押します。遊びながらグリグリとするといいでしょう。

 

また、天枢も重要です。おへそから左右3cm離れた部分にあります。ここを指で押してあげるといいでしょう。トイレでいきんでいるときにここを押すと便が出やすくもなります。

 

それに、気海、関元もポイントです。おへそから下に2cm離れた部分が気海、下に5cm離れた部分が関元です。ここを指などで押してあげるといいでしょう。

 

普通に押されるのを嫌がるようなら、遊びの一環として取り入れたり、お風呂で体を洗う際に行うと不審がられずにうまくできます。

 

赤ちゃんから小学生まで便秘の子に飲ませたいオリゴ糖はこちら