ヨーグルト オリゴ糖

MENU

オリゴ糖はヨーグルトととても相性がよい

子供が便秘のときにオリゴ糖を飲ませるにはいくつかの方法があります。

 

まだ離乳食が始まる前の赤ちゃんでしたら、ミルクや白湯に混ぜるという方法が最適です。

 

また離乳食期以降は、食事に混ぜたり、飲み物に混ぜたり、そのまま食べたりと子供が飲みやすい方法で与えることができます。

 

しかし、便秘がちのときの特におすすめの飲み方としては、ヨーグルトに混ぜて飲むのが一番です。

 

オリゴ糖は乳酸菌を活性化させて増殖させる作用がありますから、乳酸菌の含まれるヨーグルトとはとても相性がよいのです。妊娠中のオリゴ糖おすすめは?

 

市販のヨーグルトで「プレバイオティクス」と記載されたものがあるのをご存知かもしれません。

 

これは、そのヨーグルトに含まれる乳酸菌が生きたまま腸に届く機能のあることを示したものです。

 

しかし、実際には外から取り入れた新しい乳酸菌は腸内で定着しにくいらしく、また量もかなり多く摂らないと効果を見込めないということもあるようです。

 

そのようなヨーグルトもオリゴ糖と組み合わせることで、含まれる乳酸菌の力を何倍にも高めることができるというわけです。

 

ちなみにオリゴ糖のように、乳酸菌そのものではないものの乳酸菌のパワーを高める機能をもったものを取り入れる方法はプレバイオティクスと呼ばれています。

 


赤ちゃんから小学生まで便秘の子に飲ませたいオリゴ糖はこちら