子供 便秘 座薬

MENU

座薬を使う前に試したいこと

子供の便秘は、腸内環境を整えて長期的に対処したいものです。

 

座薬を使う前に、幾つかの解消法を試してみましょう。手軽に行えるマッサージは習慣化しやすく、腸に程よい刺激を与えることが出来ます。

 

おへその下から手の平で「の」の字を書くようにマッサージをします。強く押さえすぎないように気をつけながら、10周程度行います。

 

刺激が弱いと感じたら、指を四本立てて様子を見ましょう。

 

お風呂で石鹸を泡立てて身体を洗っている時や、ベビーオイルなどで保湿する際などに行うとスムーズに手を動かせますし、習慣化しやすいのではないでしょうか。

 

子供の便秘にはオリゴ糖も効果的です。

 

オリゴ糖はビフィズス菌を活発にするため、お腹の調子を整えてくれます。便秘改善を期待するなら、高純度の粉末オリゴ糖を使用すると良いです。

 

シロップ状のオリゴ糖などは砂糖などが加えられており虫歯の心配がありますし、純度も30%程度です。

 

オリゴ糖はバナナやとうもろこしにも多く含まれているため、おやつなどで摂取するのも良いでしょう。

 

また綿棒浣腸は即効性のある子供の便秘解消法のひとつです。

 

肛門に傷が付いていないかを確認し、子供が動かないように足を押さえたりする必要があります。

 

大人用の綿棒とベビーオイルやオリーブオイルを用意し、少しだけほぐした綿棒の先にたっぷりとつけます。

 

オムツ替えの体制か、横向きに寝かせる姿勢で綿棒をお尻の穴に差し込みます。

 

綿棒の先が隠れる程度に差し、ゆっくりと時計回りに力を入れないよう、2分くらい回します。

 

それ以上は肛門に炎症が起こることがあるので、やめておきましょう。

 

赤ちゃんから小学生まで便秘の子に飲ませたいオリゴ糖はこちら